環境方針

環境基本方針

株式会社トライスターシステムは「地球環境にやさしく自然と調和し、豊かな環境と文化づくりに貢献」することを基本とし、地球環境の改善、資源の保全ならびに環境汚染防止に寄与することを経営の重要課題と位置づけ、全従業員の責務と行動の指針とします。

環境方針

株式会社トライスターシステムは、電子部品、半導体の輸入販売、サービスを事業として地域社会の良き企業市民として環境保全に取り組み、以下の活動につき継続的改善を推進します。

1. 環境関連の法律、条例、協定及びその他の要求事項を明確にし、遵守するとともに、自主管理項目を設けて地球環境の汚染防止に努める。
2. 当社の活動、サービス及び製品についての環境への負荷低減、改善を図り、合わせて汚染を防止する。
3. 環境保全重点課題の推進のために環境目的を設定し、これらを実施することにより環境負荷の低減を図る。
4. 当社が行う事業活動の中で、特に以下の項目について優先的に活動し、環境保全と汚染防止に取組む。取り組みの中では利用可能且つ有効な環境技術を活用していく。
(1) エネルギー利用の低減と資源のリサイクル化の推進
(2) 再生、再利用を徹底し、廃棄物の削減を図る
(3) 有害化学物質の削減に取り組む
5. 全社及び各階層毎に環境目的・目標・実行プログラムを定め、方針の実現を図る。
6. 全従業員に環境方針を徹底し、環境へ及ぼす影響の自覚を促し、最適な役割を果たすことにより環境保全型企業を目指す。
7. この方針は一般に公開する。(ホームページにて公開する)
  2003年 10月29日
株式会社トライスターシステム
代表取締役社長 西 宗一
ページTOP